2005年12月31日

UCSD 願書提出

さきほど、UC San Diego のオンライン願書を提出しました。

これもはっきりしたステータスの確認はできなさそうです。ですが、テストのスコアをアップデートできるようになっているので、これは非常に良心的です。ただ、deadlineを過ぎてもこのボタンが有効かどうかはわかりません、、。

紙モノの方は、昨日FedExしました。面白いことに、随分と北側を経由するんですね。カーネギさんのときもそうでした。それでも2日間で着くんだから、すごい。(カーネギは大学休業でまだ着いてないけど。涙)

ただいま私の紙モノ願書、極寒アラスカに滞在中〜。

posted by にょろまる at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

ボストン 願書complete

ボストン大学の願書がcompleteになりました。

東京リエゾンオフィスにはちゃんとスコアのコピーを一緒に送ったはずだが、

「あんたのカバーレターには(スコアコピー含むって)書いてあるけど、入ってなかったよ」

というので、どうやらリエゾンオフィスで抜かれてしまった可能性が、、、。しかし、昨日スコアをスキャンして添付したpdfファイルでevaluationできるから大丈夫だとのこと。そして、無事、願書completeのメールが届きました。

こんなところに落とし穴があるとは、思いもよらなかった、、。

願書作成の作業を通して痛感するのは、やはりプリンタ複合機のありがたみ。プリントアウトするのはもちろんのこと、Faxしたり、スキャンしたり、とっさの時にその場でできるのは便利だ。日ごろから、複合機の全部の機能をすぐに使えるように使い込んでおくと良いと思います。あと、予備のインクも多めに買い込んでおくようにね。

posted by にょろまる at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FedExではなくてCMUが休業の可能性

と、こう考える方が普通かなと思い直したわけで。

確かに、あわててみたFedExのステータスを注意深く読むと、FedEx営業所にまた戻っていることがわかった。

つまり、事態はもっと悪い。

大学が休みだから、願書が届けられないのだ。ぎゃぁ。

さて、休み明け一発目のFedExを受け入れてくれるのか、どうか、運を天に任せるしかない。やはり、締切ギリギリというのは、相手にされていないということだろうか。(苦笑)

posted by にょろまる at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

ボストンからincompleteメールが

たったいま、ボストン大学から、application incomplete メールが届きました。

何が足らない?

なんと、GREのスコアだそうだ。11月中に出したんだけどねー。「もう一度チェックしてくれ。もう一度出す必要があれば言ってくれ」と返事を出して、スコアをスキャンしたpdfをattach しておいた。

リエゾンオフィスでちゃんとチェックされているものだとばかり思っていましたが、、。油断はならないですねぇ。

posted by にょろまる at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CMU オンライン願書提出

カーネギーさんの方は、すでに紙モノをFedEx済みでしたが、今日、オンラインの方も提出いたしました。ただ、まだUS上司の推薦状がopenになっているので、それがcloseしてから提出完了ということになります。

US上司は、明日の朝にやるといっていたので、こっちの夕方にはcloseすると思います。

カーネギ宛てのFedExは、今ピッツバーグの営業所で止まっています。はて?遅いなと思っていたら、「営業所・休日」というステータスが!

なんと、FedExって、休むの?日本は日曜日はラインが動かないことを言っていたけど、営業所が休日ってどういうこと!?

年末だからね、、わからないでもないけど、、目と鼻の先にあって、未だ未到着。きっと、FedExは年末忙しいから、今日だけお休みなんだよね!そうだよね!って思うことにする。

posted by にょろまる at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNC 紙モノ到着

EMS で送って年内に届くかどうかヤキモキした UNC-Chapel Hill 宛ての紙モノ願書ですが、無事、28日午前10時に到着した模様。現地時間なのか、日本時間なのかは定かではない、、、。到着確認メールは今日の朝届いたので、どっちなのかはわかりません。

posted by にょろまる at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

おい、大丈夫かよカーネギさん

カーネギ大学ECEの出願FAQは現時点でかなりいい加減だ。

なぜって、まずあせったのが、TOEFLの要求スコアが明記されたこと。そして、PBTならば600を要求(というか、adviseに留まっているが)している。

んじゃぁ、当然CBTは250って書いてあるだろうと思いきや、、。「CBT minimum 300」!さ、さんびゃくー!?ありえねー、満点じゃん。

それから、FAQの質問と答が入れ違っているところもある。推薦状のところだけど。紙の推薦状は受け付けませんというところが、次の質問の答に書いてある。まぁ、ちょっと読めば理解できるけど、おいおいしっかりしてくれよ、カーネギさんって感じ。

ところで、この「紙の推薦状受け付けません」の事実に大汗したのは私で、推薦者にあわててメールでお願いしなおしました。かなりまいった。

posted by にょろまる at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

CMU 紙モノだけFedEx

UNCの分が昨日終わり、今は、Carnegie Mellon の準備をしています。

もしかして、一番ここが準備が楽!?

そろえる書類が今までの中ので最小です。いや、ただ慣れてきただけ!?まーとにかく。まだStatement of Purposeの作成中なので、紙モノだけ先に送ってしまいまいした。これも今月中が締切なので。今度はFedEx。明日着いちゃうってさ。ダントツだね、安心。

っつーか早く着きすぎちゃう?
オンラインの提出と紙モノの提出が逆転したのは今回が初めてです。どーなるか。

posted by にょろまる at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNC 願書提出

昨日は、University of North Carolina at Chapel Hill の願書を提出しました。UNCはステータスがウェブでわかるようになっています。現在は、紙モノの項目が赤になっている、という感じ。

オンラインで提出後、紙モノをDepartment と Grad Admission と両方に出さないといけないので、EMSかFedExか悩みました。

EMSの到着予定日検索のウェブサービスが調子悪かったので、電話でこの時期の配達状況を確認したら、3日から5日で届くという。微妙だ。しかし、Grad Admissionのあて先が私書箱No.だったので、「ぐだぐだ考えずに、さっさと郵送だ!」と割り切って、EMSで出してしまいました。

私書箱なんて、調べればすぐに本当の住所もわかったろうに、やらなくてもいいリスクを勝手に負いました。締切は今月中ー。俺ってばか?あーあ、やっぱり精神衛生上良くない。ひたすら追跡確認の日々です。今日の時点で、日本は発ったらしいけど、、、。

posted by にょろまる at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

Lは20点代に戻ってくれたが、、。

今日はTOEFLを最後のあがきで受けてきました。

#うん?最後のあがきって前も言った?
#そうね、確かにそうね、でも、まだあがいてんの。(爆!)

世の中、クリスマスだというのに、また、試験対策をしていても、どこもかしこも、GMAT追い込みの授業ばかりだというのに、私はカプランに高い授業料を払ってリスニングのインテンシブコースを受講してから臨みました。結果は、

L: 21
S: 8 - 26
R: 24

でした。文法はやっていなかっただけに、完全に錆び付いておりました。昨日、デルタでテストして、1問間違えくらいだったので安心していたのですが、そうは問屋は卸してくれませんでした。

リスニングは、夏の全盛期の22に迫る21という健闘だったので、多少はカプラン効果はあったのかもしれません。しかし、この四日間の授業で、10万円が飛んだので、費用対効果は薄いです。

これで、私のスコアは、一校を残して他は全て240で提出することになりました。早速、今日、一気に6校分のスコア送付の手続きをとりました。

おそらく、今後のTOEFL受験は、願書用というのではなく、ESL回避用という目的になることでしょう、、。(それって、すごくモチベーション下がる、、。)

posted by にょろまる at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

イリノイ 願書complete

イリノイ大学から、ついに願書completeのメールが届きました。

願書を出してから3週間以上かかったことになります。このくらいの時間がかかるのを覚悟して、じっと待つのが良いのかと思います。変にメール出したり電話したりしたら、「こいつは、我々の言っているルールを守らないやつだ」なんて誤解されたりでもしたら、バカらしいです。

これからフェローシップなどの審査にまわすとあるので、とにかく、これからも「寝て待て」状態です。

posted by にょろまる at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

GRE Subject をUSで受けてきました

これも貼り付け。

12月11日
USではまだ10日。GRE subject Computer Science を受けました。今年の12月10日は、世界中でGRE subject の日です。本当は日本で受けたかった、、。

!が!

朝寝坊して、集合時間10分前に起きてビックリ。目覚ましをセットしてなかったみたいだ。「うそだろ!」と叫んでも、状況は変わらない。とにかく急ぐしかない。遅れるのは覚悟だ。先週に会場を下見しておいて良かった。

5分で支度、10分弱で会場に車で到着。着いたはいいが、教室の場所がわからず、数分うろうろ。でも結局10分程度の遅れで済んで、試験管も特に怒った様子もなく、むしろ「大丈夫よ(「落ち着いて!」みたいな感じ)」と言ってくれて、セーフ。ハァーハァー肩で息をしておりました。

他の受験生の冷たい視線を浴びながら、着席。席は超寒かった。上着を忘れたし、ご飯も食べてないし、喉も渇くし、冷えてトイレにも行きたくなるし、散々な試験だった。全て自分がいけないんですけれど。

試験自体は難しかった。やっぱり付け焼刃な知識ではいけません。この2週間のあいだ、「計算理論の基礎」という本を読んで、勉強した気にはなっていたけれど、大学時代のいくつかの授業の思い出しと、当時わからなかったことが「なーんだ」とわかった程度にとどまっていた。半分でも出来てたらいいなーって感じ。これって、何点取ればよいのやら。

posted by にょろまる at 22:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出願状況です。

すっかり、ブログ更新できませんでした。
ブログ管理のパスワードを忘れたうえ、さらに、登録メールアドレスが現在無効になっているので、出張先ではどうすることもできませんでした。帰国後、パスワードを確認して、登録情報も直しました。以下、今日までの出願状況を書き留めたものです。一気に貼り付けます。

日付は、日本時間です。


11月25日
イリノイ、オハイオのオンラインアプリケーションを提出
イリノイから早速オンライン提出確認のメールが届く。イリノイには願書のステータス確認ページは無いようだ。

11月26日
イリノイ、オハイオの紙モノ願書をFedEx
オハイオからオンライン提出確認のメールが届く。ステータス確認ページが存在するが、まだ not available

11月28日
イリノイ、オハイオの紙モノ願書到着をFedExのトラッキングで確認。やはり、FedExは早い。感動。
オハイオの、学部宛てのものが、現地時間11月29日9:35AM到着。
オハイオの、Graduate オフィス宛てのものが、現地時間11月29日9:51AM到着。
イリノイには、現地時間11月29日9:02AM到着。

11月30日
イリノイの学部から、願書到着の確認emailが届く。Application formが届いたといっているので、紙モノが届いたということではないようだ。「今後、願書のcompleteness をお知らせする。もしくは、足らないものがあれば、連絡する」とある。

12月1日
オハイオのアプリケーションステータスが見えるようになる。受付日付が11月26日付け。まだ紙モノ分が反映されていない

12月3日
ボストンのオンラインアプリケーションを提出。Essay Edge の添削者が当たりな人で、その添削者と推敲を重ねたエッセイが完成。しかし、いざオンライン提出!の際、一つ一つ書類を添付する度に、なんか、こっくりこっくり寝てしまっていた。毎回Time outしてしまっていて、その度にログインしなおしてたわけだけど、気合入ってんのか、なかったのか。
ボストンの紙モノ願書をリエゾンオフィスに郵送(速達)。オンラインでの提出を見計らってから、あらかじめ用意して封をした書類を母親に郵送してもらいました。実家への連絡手段は、もちろんスカイプ。スカイプアウト様様。
ボストンからは簡単な一行のメールが着ただけ。ステータスの確認のページは、イリノイと同様に無い。

12月4日
オハイオのステータスが、「Evaluation」 に変わった。しかし、まだ紙モノ分が反映されていない。しかし、「 As you check your status, please allow at least 2-3 weeks for items to appear on the application status web page. 」というメールを信じて、2,3週間はこのまま様子をみよう。

12月6日
オハイオのステータスで、紙モノ分が受理されたようだ。「Your application is currently in the process of being evaluated and prepared for an academic decision.」とあり、Statement of Purpose, Recommendations が still required だったのが消えた。

12月10日
イリノイから、紙モノ書類がimcompleteだというメールが届く。まじ!? しかし、USの人にお願いした推薦状も届いていないということから、にわかに信じがたし。確実にFedExは届いているし、推薦状もずいぶん前に届いたはずだ。一応、「送ったはずだが」というメールを送るが、ノートンからメールサーバーが拒絶している旨のエラーメッセージを受ける。ふむぅ、受取拒否しているのかなぁ。そういや、イリノイは願書のステータスを聞くことに関してくどいほど「するな」と言っていた。その対策として、メールサーバが受取り拒否の設定になっていてもおかしくはないか、、。それとも、僕のパソコンがウィルスに感染してる?おそらく、それはないと思う。会社のパソコンからの送信だからね。このPCのウィルス対策は、僕が使うパソコンでは一番気にしているし、なにしろ対策不足だと、会社からのポーリングに直ぐに引っかかる。完璧とまでは言わないけど、可能性薄。なのでとりあえず、様子見。completeになったら連絡するということなので、しばらく待つことにする。

12月13日
イリノイからまた願書imcompleteのお知らせが来た。しかし今度は、一人の推薦状が届いていないだけのものになっているので、前回のメールに比べて、imcompleteなものが減ったことになる。US上司の推薦状以外は、一つの封筒に入れて送ったので、おそらく彼らはその封筒を開けて、ステータスをアップデートしたのだろう。そのうち、その推薦状も確認して、きっと近いうちにcompleteメールが来るのだろう。


posted by にょろまる at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。