2006年05月29日

新TOEIC 所感

今日、新TOEICを受けてきました。感想などを一つ。

まず、懸念された米国以外の英語の訛りの件は全く問題なし。まぁ、聞いていて全く違いがわからないというのも、ある意味危険ではあるが、そんなひどいものは存在しなかった。聞いていて「え?」と思った単語は、普通に米語であったときも等しい確率で存在していたと感ずる。

したがって、ロバート・ヒルキなる人が書いている対策本は使うに値しない。この本はひどい訛りが入っていて、知っている単語もろくに聞き取ることが出来ない。本番では、こんな発音のものは出ない。やはり、公式ガイドで十分であったということである。

試験対策として、使用した本は、前述のロバート著の「新TOEICテスト完全攻略ガイド」と、TOEIC運営委員会の「TOEICテスト 新公式問題集」である。TOEIC対策校で有名なエッセンスが著作、アルク出版の問題集もあったが、それは買ったものの、時間が無くて結局やらなかった。本番のテストのレベルは、「TOEICテスト 新公式問題集」にあるものと同じだったので、これを基準に対策するのが良いだろう。エッセンスの問題集はやらなかっただけに、コメントできないが、以前私はエッセンスの学校には通っていたことがあるので、彼らのTOEIC研究状況から察するに、ロバート本よりかはマシなものを作っていると推測する。

本番で、主に気になった点は、以下の三つ

・リスニングは多少簡単になったか?
・リーディングはさらに難しくなったか?
・今までのセオリー破りがあったか?

訛りが入ってきて、写真問題が少なくなって、パート3の設問が増えて、得点するのが難しくなると思われた新テスト、はて、受けた感想は、今までよりも少し簡単だったか、、である。

まぁ、こんなときは、一題にかける集中力が欠けているという理由で、点数悪いことが多いのだけども。

私の場合は写真問題は二番目に嫌いなパートであるので、減ったのは幸運。みなさんは、一番好きなパートであるので、理由にならんな。一番嫌いなのはパート2。これが今までよりも簡単に感じた。私の英語力の向上?うーん、それだけではなさそうだ。

パート3からパート4は、たしかにきつい。でも、設問数がきちっと決まっているという、ただそれだけのことで、うまくペースを作り出すことができた。これによる得点アップも少し期待できる。心の調子というもの点数に大きく影響するのだ。

一方リーディング。パート5は相変わらず。パート6は、新しいパート。問題自体は、むしろ以前より簡単なものだが、語彙のレベルが上がっていたように思われ。例えば、「waive」。留学出願したことある人なら必ず知っているこの単語、TOEIC受験生は、あまり知らないのでは、、?

パート7の時間配分は厳しい。不覚にもギリギリ終わるという時間管理だった。新形式だったからといういいわけもできるが、それにしても、処理する文字量は異様に増えた感じがした。最後の方に出る2長文問題に慣れておくことで、時間は管理しやすくなるだろう。

リスニングとリーディングの難しさの差をみる。今まで(旧テスト)日本人は、リスニングの点数が高く(なぜか)、リーディングの点数が低いというデータがあるらしく(実際私もそうだったし)、今回の新テストからはその傾向への配慮が入っているという噂を耳にしていた。しかし、実際には、少なくとも私の感想では、以上の様子を見るに、ますますもって、その傾向に拍車がかかるのでは?というものである。

あと、今まで言われていたセオリーに関して。パート2でよく言われていたものの一つに、「Whyで聞かれた設問では、Becauseで始まる選択肢はひっかけである」というのがあったが、これが見事に打ち砕かれた。いや、少なくとも、私は一つ、文脈からBecauseで始まる答を選択せざるを得なかった。僕の間違い?今となってはわからん。しかし、ETSも、対策校が打ち出しているような「TOEICセオリー」の対策への余念が無かったという話があってもよいだろう。

全体の感想としては、今までの受験より「あー、うまくできた」という感じ。新テストといっても、恐れるにあらず。

新TOEFLの方は恐れて逃げたけど。(爆)

TOEICテスト新公式問題集

TOEICテスト新公式問題集 Vol.2 (2)

新TOEIC TEST実力診断模試

New Version対応 新TOEICテスト完全攻略ガイド [模試1回分収録]

posted by にょろまる at 01:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

なぜ?CMU再び

今日は不思議なメールが届きました。

出していないはずの、カーネギーさんの違う学部から不合格通知が届きました。なんだぁー?わけわからん。

と思ったが、、そういえば、なんか、他の学部への出願に興味あればチェックしてくれボックスがあったような。チェックしたような。しかし、それは改めて紙ベースの推薦状など別に用意しないといけないとあったので、結局何もしないで無視してたから、出願していないことになっていると思っていたが。

しかし、この不合格の通知の内容をみると、なんともげんなり。いままで不合格をくらった学校のメールと、そうかわり映えしない。こっちが真剣に作った願書であっても、ろくに用意しなかった(てか提出さえしてない)願書であっても、結果同じ不合格であれば扱いも同じ。当たり前のことでしょうが、そうとはいってもね、、。

posted by にょろまる at 01:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

CMU 結果

最新アップデート情報として、

・TOEFLが3点だけ上がった
・パテント一つファイルした

があったので、今一度、カーネギさんに連絡を取りました。

しかし、残念ながら、不合格だということが判明いたしました。
いやーーーー、長かったーーーー。

しかししかし、どういうわけか、微笑みながら、ボストン大学のresponse form の acceptのところに大きく○をし、早速今日の朝投函して、なんだかやっと肩の荷が下りたような気がしております。

予防接種も無駄にはならず、このまま続行です。(あと6本も控えてる)
もう、すでに腹はボストンだったわけです。当然。

posted by にょろまる at 23:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CBT 最後の最後は243

CBT TOEFL 最後の受験分が返ってきました。
皮肉にも最高点でした。

L: 21
S/W: 28
R: 24
W: 5.5

Total : 243

まぁ、結局250いかなかったわけですけど、Wで5.5を出したのは、とりあえず有終の美を飾ったと言っても良いのではないでしょうか。やはり、ジャックに頼ってよかった。

さて、どうしてくれよう、この点数、、。

posted by にょろまる at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

続 注射

今日は、ツベルクリン判定に続いて(当然陽性で、セーフ)、ジフテリアかなんかの抗体検査をしました。これは15分で結果が出るんだね。

そして、当然、全く反応なし。陰性。
ひょえー、また注射一本ちゃっちーん。

おとといの血液採取の結果も当然、B型肝炎の抗体があるはずもなく、3回の注射決定ー。そして、今日いきなり一発目を注射。

「筋肉注射ですから、すこしちくっとしますよー」

って、おい脅かすな!
しかし、ここの看護婦さん達はすごくユーモアがあって、すごく注射が上手だ。リラックスさせつつ、手際よくこなす技術力は一流ならではだろう。

ツベルクリンの液を注入した時なんて、「ほら!この芸術的な膨らみと丸み!すばらしいでしょ?」と、打った後までリラックスさせようと、、(爆)

しかし、一本打つたびに一万円近く飛んでいくってのは、腕も懐も痛いっす。

posted by にょろまる at 00:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 出国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

健康

昨日は、ツベルクリン注射と抗体検査用の血液採取されました。

しかし、ボストンというところは、ひじょーにひじょーに、必要な注射の種類があるみたいで。抗体の反応次第では、ボストンに行ってからも、注射をせざるを得ないかもしれません。いやすぎるー。

明日、抗体の結果がでます。恐らく、かなりキレイな体のはずなので、これからひたすら注射をするはめに、、、。(涙)


診療所で保険証を見せたら、つっかえされました。保険が利かないってことかしら?確かに、ツベルクリンと血液採取だけで、1万5千円も取られた。今後、打つたびにこんなとられんだろうか。

健康診断書なるものも必要らしい。健康診断を自費で払うと、これまた4,5万かかるという噂が。これには参ったので、「会社の定期健診の結果でもいいのか」と聞いたら、OKだった。

なので、今度は会社の健康センターと色々悶着した。どういうわけか、いままでそんなことをした人はいなかったらしい。おかしいなぁ、MITとか行った人いるでしょーに。まぁいい、とりあえず作ってくれることになったので、何も言うまい。

posted by にょろまる at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

CMU まだ待ちですなぁ

今日少し、カーネギーさんとコンタクト取ってみました。

お決まりの文言が返ってきました。

「まだ決定してないから待ってね」
「でも我々の結果を待っていて、他の学校の合格に危険が及ぶなら、その大学に行くのをお勧めしますよ」
「確かに4/15までに、ほとんどの合格者を決めてしまったんだけど、お金が付き次第で、も少し増やすかも」

云々。
期待していいんだか、悪いんだか。

#期待してないけど!(きっぱり)

ただ、これを機に、会社の補助金のことや、まぁ他の大学も受かってるよー、みたいな情報を伝えられたので、ま、やるだけやった、といったところか。

posted by にょろまる at 23:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は何故かTOEFL Listening

今日はマンツーマン状態での授業で中々苦しい思いをしました。

ま、それはともかく。

明日はWritingなのだけども、今度はマンツーマン拒否されたのかしら。「先生の体調がすぐれないので、代行かキャンセルでお願いしたいのですが」と事務の人にいわれた。

仕方ないので、別の授業に振り替えてもらいました。Writingとは関係なく、Listeningの授業ですが。(しかもTOEFL)

GWに出かけないと決め込んだからには、意地でも授業にこないとねぇ、、。

posted by にょろまる at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

いざ

なんか最近、平家物語のマンガを読み始めてしまった。この手のものは3巻くらいだから、読み始めたらすぐ読み終わってしまうわけだけど。例の横山光輝なマンガね。三国志、史記、その他、彼のマンガはとても好きじゃ。もう数年前に亡くなっちゃったんだよね。おしいひとだった。(おいしいじゃない。べた?壊)

ブログの副題変えてしまおうかしら。いざボストン!とかに。いやー、こうやってすぐに影響されやすい私。

さて、話はまじめに戻して。GW中に留学準備用の講座にちょっと参加しようと思って、予約してきました。よくありがちな、「プレゼン」「ライティング」「ノートテイキング」の3講座集中。

しかし、GWは皆お出かけ中なのだろうか、それとも選んだ学校が穴場すぎるのか、今のところマンツーマンの可能性大。一人だというのに、それでも催行(?)する学校はエライ!

posted by にょろまる at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

カーネギ いまだ

5月になりました。

未だ鉄鋼王からの連絡はありません。このまま連絡なしを決め込むのですかねぇ、、。

まぁ、いいや。心はすっかりボストンだし(本音)。

ボストン大学からは、また「残高証明書を送ってくれ」と言われたので、「出願時に送ったでしょ!」って言おうかと思ったけど、こんなことで突っかかっていても仕方がございません。それに、出願していた時よりも、また少し残高が増えているので、改めて取り直して、今日送りました。

これで文句言われなければ、晴れてI-20ってやつが届くのでしょうか、、?

posted by にょろまる at 01:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。