2006年06月16日

活字欲

孟嘗君がおもしろい。

じつは、つい最近、衝動的にマスターキートン全巻をオークションで安く買って、ひたすら読むという生活をしました。

おかげで、電車での睡眠時間が削れて、慢性睡眠不足状態に。あーいかん。

ここまでは、マンガ欲であって、活字欲でない。

マスターキートン読み終わって、なんか、さびしいなぁと思っていて、手に取ったのが、宮城谷昌光著の孟嘗君。

実は、この本、何年も本棚に眠っていた。しかも、ブックオフで100円セールで、1巻と3巻だけ買ってそのまま放っていた感じ。んで、ついぞ今回、気まぐれに少し読んだら、止まらなくなってしまった。あわてて2巻と残りの巻をアマゾンの中古で買うが、間に合わず、2巻が届くのが待ち遠しかった。

2巻が届くまでの間、同じく著者が書いている夏姫春秋という本も本棚に眠っていたので、それを読んでみたりした。それも多少面白かった。

孟嘗君読み終わったら、楽毅でも中古で買おうかなぁ。全巻で千円ちょっとくらいだし。新書で出ていたときに買おうかと思ったけど、高いし、期待はずれだと嫌だったので敬遠してたということもあった。同著者であるならば、期待はずれということもなさそうだろう。

あまりに、投稿してないから、ふつーーの日記を書きました。

posted by にょろまる at 01:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

大使館

木曜日にアメリカ大使館行ってきました。

I-20はまだ届いていないけれども、「待たずに面接行くように。後で郵送すればよい」という大使館のガイドを信じて、行きました。

ハプニングが二つ。

一つは、昔の英会話学校の先生に遭遇したこと。私はI-20がなかったため、そのために何度か窓口に呼び出されて確認されました。その時に当然名前を呼ばれるわけだけども、それをきっと聞いたのでしょう。その先生から声をかけられました。非常にびっくり。てか、僕の名前を覚えていたあたりもびっくり。英語教育法で学位を取りに行くらしく、一校受けてそれに受かった様子。ははは、さすがだ。

もう一つは、窓口で面接(?)している最中の話。向こうは、「Computer Engineering ,,」とつぶやいた後、「MITか?」と言ってきた。おもわず大苦笑で、大声で笑ってしまった。いやいや違うボストン大学だと言うと、「ああ、近いねぇ。ちょっとまって、今直してるから」って、何やらパソコンで変更している様子。マジで間違えてたのー!? ぶひ。

posted by にょろまる at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出国準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。