2006年07月30日

屈辱

料理のね。

生まれて初めて麻婆豆腐を作りました。しかし、

ちょーーーーぅまずい!!

クックドゥを使っているんだから、味がぶれるはずはないのに、まずい!なんだ、この豆腐の嫌な味は!!豆腐を入れすぎたのか!? 豆腐がそんなに違うなら、麻婆茄子にすればよかった(爆)

中国産の豆腐と日本の豆腐とでは、ちょっとできが違うのかなぁ。
この調子だと、自炊生活も前途多難だ。

でも、今日は試しにZipcarを使ってみたことが大きな収穫。一番近場で、目の前のガレージに2台停まっている。方向音痴の私としては、ナビがないのが非常にいたいが、それ意外の点では非常に使い勝手が良い。Zipcarのカードでのキー操作も難なくできた。

お試しのつもりだったから、たったの1時間しか借りなかったわけだけど、近場のスーパーだとはいえ、1時間なんてすぐ経ってしまうもんだなと痛感した。ま、料理も買い物も慣れてないこともあるけど。結局時間ギリギリで返却した。すげー時間との戦いだった。

posted by にょろまる at 10:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 料理挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

さすが、Jサポート

某パソコン修理サポートの Jサポート。

自分の会社(だった!?)のことを誉めるのはいささか気が引けるが、ひいき目を抜いてもさすがに感動した。

まず、海外発送を快く受け入れてくれた。
当然、発送費用は向こうもち。
しかもFedEx で梱包材一式を送ってくれた。

うん、ここまでは、予想範囲内だ。それでもさすが日本!だけど。

ところが、おどろいたのは、梱包の仕方のマニュアルがカラーでついてきたことだ。しかも、Webでシリアル番号を入れれば、修理状況がわかるとあったり、なんと、梱包用のテープまでついている。発送用の用紙もすでに記入済みだし、自分の住所すらすでに記入済み。インボイスだって商品説明全部書いてあるし、サインと日付を記入するだけになっている。なーーーーんて楽なんだ!!

書類ならともかく、精密機器関連を輸出する面倒さを会社にいるときに体感していた僕は、一連の面倒なことを一手に引き受けてくれたJサポートに脱帽した。

いやー、すごいすごい、ここまでやってくれるかーと感動しながら、FedExに集荷依頼の電話をかけてみる。

「集荷はチャージかかるよ、いいの?」

だと。

急にテンションが下がった。確かにそうかもしれないけど、そのアメリカ人のそっけなさに少しギャップを感じた。まぁ、FedExのステーションまで徒歩数分だし、そう重いもんでもないから、明日買い物ついでに持ってくかと思い、集荷はやめた。

でも本当にマザボ交換になってしまうのだろうか。単にロムを焼き直せばすむ話なんだけど。ノートは小ささギリギリの世界で戦っているから、マザボにそんなスペースはないのかもしんないけど。

posted by にょろまる at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

日本の神はUSまで遠い

彼女が帰ったとたん、ツキに見放された。
「ああ、神様たのむ!」とつぶやいても、おそらく日本まですぐには届かないのだろう。神頼みも英語で言う必要があるのか。(爆)

そんなわけで、一連の運の悪さをぐだぐだと。

彼女が帰った日に、モニタとプリンタをセットアップして、これで万全となったときに、PCのソフトウェアのバージョンアップをした。よせばいいのに、BIOSのアップデートもした。そしてなぜか、とちくるって、BIOS のロムデータがお釈迦となる。なんども、電源をON/OFFを繰り返すが、全く反応なし。ただファンが動くだけ。「ああ、かみさまー」となんど叫んだことか。

さて、困ったとなって、じゃぁサポートセンターに電話しようとしたが、本機種は日本版であるので、しかも開発元は日本なので、アメリカ人に勝手にいじり回されたりするのが嫌なので、日本のサポートに電話しようとした。

ところが既に持っているバージンモバイルは国際電話ができない。なので、国際電話のできる携帯を契約しようと思い、スプリントの携帯を購入。しかし、なんと、ここで、SSN がないという理由で、150ドルもデポジットをとられました。まぁ、後で例の助教授に聞いたところ、まだましな方だそうだ。

ところが、この携帯で国際電話しようとしたところ、90日間はオーサライズにかかるということで使えないことが判明。いったいなんのために買ったのかと消沈しそうになったが、バージンは高いと彼女も言ってたし、店員も言ってたので、後悔しないことにした。

ここで初めてコーリングカードの存在を知った。さすが助教授情報(爆)コーリングカードをフードコートのスタンドで買い、よし、これで海外へ電話できると思ったときに、その電話をかける手続きを踏んでいるうちに何やら思い出してきた。ああ、僕はすでに会社からクレジットカードで落とせるコーリングカードを渡されていたではないか。会社でのテレコンで何も考えずに使っていたが、これがコーリングカードだったか。改めて僕の不注意加減に滅入る。だが、無駄な買い物をしたと思わず、経験、経験と思うことにする。

さて、その電話で、PCはFedExでリペアのために発送になることが確定した。はて、では、当面のPCはどないしよう。

ふらふらBestBuyやら、近くの店を物色する。どうやら最低でも500ドルはするみたいだ。うーん。

そうこうしているうちに、ふと、アップルストアが目に入った。おおこれだ。Mac mini。本体だけで599ドル。OSも入って、設定すれば日本語も使えるし、どうせなら、これにしちゃえー、と思ったのが運の尽き。

帰ってからモニタにつないでみる。

、、、、うつらない!!!

うんともすんともいわない。サムソンのカスタマーサービスの電話番号も手元になく、つまり、何を調べるにしてもネットが必要な訳で、ネットのない人生なんて考えられないと改めて思うが、助教授曰く、

「どうだい?10年前の状態に戻った気分は?」

10年前の時代はそれで不自由なかったはずだと、10年前の自分に恥じる。

次の日、アップルストアにマックミニを持っていき、調べてもらうが異常なし。一応ジーニアスメンバーにケーブルを変えたらどうだ?と提案されて、買ってみて試してみるが、状況は変わらない。やはり、モニタ側に問題があるようだ。

帰ってから、サムソンに電話する。結局のところ、サポートしていないとのこと。やはり、150ドルの安物には手を出すべきではなかった。リファーブリッシュ版だし。まさに安物買いの銭失い状態を地でいっていく。

気を取り直して、今日、学校が終わってから、モニタを買い直す。でも、やはりビビって、200ドルの安物。同じくサムスン。いやなメーカだが、仕方ない。でも入力タイプがデジタルとアナログと二種類あるので、希望がある。そもそも、モニタが使えなかった原因が、モニタがアナログで、マックがデジタル出力であり、そのために変換アダプタを使っているからだった。

が、帰ってから、モニタを開けてみると、デジタル用のケーブルが入っていない!!ちゃんと店員に入っているのか?と聞いたのに。恐る恐る、変換アダプタを使ってアナログ入力につないでみる。「頼むよーかみさまー!」

以前の叫びが聞こえてやっとここまで神が来たのかどうかしらんが、映った、映ったよー。やれやれ。

そんなことをやっている最中に、語学学校は容赦なく始まってしまっていた。モニタを買いにいく前に大慌てで、学校の教科書を買いにいった。

今度は、クレジットカードが使えない!!!

クレジット会社に電話してみると、上限金額以上使い切っているとのこと。
はぁ?そりゃ確かに高額な買い物はしたけど、、。

そのときはまだネットが使えなかったので、電話で細かに詳細を教えてもらった。どうやら高額商品を購入したときに、その店員が同じ金額を二回チャージしたような状態になっていた。なるほどそれならオーバーする。なんてことをしてくれたんだー!!!

店に電話しました。調べてもらったけど、二回もチャージしていないといいはる店員。もいちど、クレジット会社に聞くと、二回目のチャージは、実際にはチャージではなく、間違えてやったものの残骸?がそのままキャンセルされずに残っていたものらしく、きっと、あの店員が何度かレジを往復したときに捨て伝票をきれいにキャンセルしなかっただろうと想像するが、そんな状態では非常に困ると言って、クレジット会社にキャンセルしてもらった。

とまぁ、いろいろありました。
が、とりあえず今は久々のマックユーザに戻って、多少うきうきって感じです。(爆)


posted by にょろまる at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ、ボストン!

さて、サブタイトルを変えました。予告通り(?)、「いざ、ボストン!」でいきます。

プロフィールも若干変えました。

7月14日に日本を発ち、彼女とともに、ボストンに同日(笑)無事到着。デルタ航空も怪しい経営状態だが、きちんと飛んでくれた。

主な家具を運び込むのに、彼女には多大な労働を強いてしまった。ダイエットという名目にしては、いささか過酷だったかもしれん。

なにはともあれ、これから順調に生活がスタートすると期待するが、、。



posted by にょろまる at 06:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに/誓い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。