2006年08月28日

床屋 in U.S

アメリカでの、初の床屋です。どきどき。

Boston University Barber というのもあったのですが、もっと近くに、も少しキレイな床屋があったので、そこに行ってみました。

なんか、$14で、日本に比べると、非常にお得感。

しかし、そんなに安いのにもかかわらず、無謀にもこう切り出しました。

「サンプルがあるか?」

店に写真の髪型サンプルが一つや二つはあるだろうと思って聞いたんだけども、床屋のおっちゃんは、不意をつかれたのか、僕の発音が悪くてわからなかったのか、

「わからんぞ、何、シャンプーか?」

と聞き返してくる始末。スペルを一字一字 「sampleだ」と言うと、やっとわかってくれたらしく、

「なに、サンプルか。ないよ、うちには。家内の写真ならあるけど、見たいか?」

と言われ、二人で大爆笑。ご存知の通り、私の高音の笑い声が店中に響き渡りました。

おかげで、リラックスして、その後ずっとしゃべりながら、カットしてもらいました。おっちゃんは、非常に、日本好きな人で、日本刀とか持っているらしい。

しかし、お決まりの「さむらい」とか「げいしゃ」とか出てきたので、何とか、「現在は、ゲイシャはいない。ゲイコだ。」と訂正しようとがんばったが、結局わかってもらえなかった。

おっちゃんの名前は、確か、ジョーといったか。

結局、「似合うようにカットしてやるよ」といわれ、ちゃきちゃきの寿司職人のようなカットにされた。ま、ギバちゃんカットだと思えば、似合うと思うので、良しとした。この髪型ならいくらでも調節できるし。さんきゅー、ジョー。

居心地よかったので、チップをプラスして払ったけど、床屋代って普通、チップ入ってるもの???

posted by にょろまる at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

運転免許 筆記試験

昨日の午前中にマサチューセッツ州Driving LicenseのLearner's Permit を(やっと)取りました。

いわゆる筆記試験が通ったというだけなのだけれども、実に3回も通いました。筆記が難しかったというわけではありません。書類の不備で2回もrejectされたということです。

ボストンで自動車免許を取るに当たっては、ドクターカズさんのページがとても有名でかつ有効であることは、少し調べた方ならご存知かと思います。そのWebページでは、「住所の証明するには?」とか「SSNが無い場合には?」とか「試験によく出そうな問題は?」という話がまとまってあるので、とても役に立ちました。

ただ、私の場合、盲点だったのが、「サインの証明」だったのです。2回のrejectをくらったのも、これが原因。

もし、漢字のサインを運転免許に載せたい場合は、問題なかったでしょう。なぜなら、パスポートに漢字のサインが書いてあるから。

もし、ブロック体のローマ字名前を載せる場合にも、まぁ、大丈夫だったでしょう。(時々、筆記体じゃないと拒絶されるという噂も聞くが)なぜなら、国際免許証に、ばか丁寧にローマ字でブロック体でサインしてあるから。

もし、銀行やクレジットカードで使っているような英語サインを載せたい場合はどうでしょう。私は、これがしたかった。そうでもしないと、IDとして使えるもので、この署名を使っているのは無いに等しくなるからです。クレジットカードは、IDとして使えたり使えなかったりして、イマイチですので。

一度目は、バスを乗り継ぎ乗り継ぎ、WatertownのRMV (Registry of Motor Vehicles)まで行きました。そして、そこで、国際免許証とサインが違うといわれたので、こっちが色々交渉しようとすると、「17時が近いから、もう駄目。はい、次!」とあしらわれてしまう。(怒)

二度目は、近場のチャイナタウンのRMVに行きました。クレジットカード、デビットカード、チェックブック、使用済みチェックの写し(Internet banking からの印刷)を持って再挑戦。しかし、「bank statement 持って来い」と言われ、またもやreject。何?bank statementって?

銀行に行って、bank statementの取り方を教えてもらい、それを印刷しました。また、念のため、大学のProperty Officeに行って、アパートの契約書のコピーももらい、これで万全だと自分に言い聞かせ、三度目のチャレンジ。

三度目、再度チャイナタウン。まず、アパート契約書のコピーを見せてみた。よく見ると、僕の署名は入っているが、大学側の署名が入っていない。じゃによって、これもAcceptable documentにはならない、ボツ。ただ、この時に、なにやら難しいものを出してきたと窓口のおばちゃんは思ったらしく、後ろにいる偉いと思われるお姉さんに聞きはじめた。

このお姉さんは、非常にサポーティブそうな人でした。この機を逃してはならぬと、あとは必死に銀行系の署名を片っ端から披露?しました。そしてやはり、「bank statementはあるか?」と言われたので、おもむろに差し出すと、納得したらしく、やっとこさ、サインの証明が通りました。

後は順調に処理が進み、お金も支払い、いざ、筆記試験だ。ドクターカズのおかげで、日本語版問題の対策はばっちりだ。「日本語でお願いします」とたずねると、「日本語は無い。英語じゃ駄目か?」と言われ、がーーーん。

去年の時点で日本語版がチャイナタウンで無いことは知っていたが、まさか、一年以上たった今でもまだ無いとは!! おそらくチャイナタウンでは日本語版を今後も用意しないつもりなんでしょう。日本語版で受けたい場合は、多少遠くても Watertownまで行きましょう、、。

しかし、せっかく書類が通ったんだし、4度目の挑戦は意地でも避けたい。ええい!この際、30ドルはドブに捨てたと思おう!ってことで、「わかった、英語で受けます」と言って受験しました。

そして、何とか2問間違えくらいでパスしました。内容は、日本語版対策と同じようなものと、その場で考えたものとがありましたが、英語も大して難しくも無いので、助かりました。また英語だと、コンピュータ試験になるので、答えた瞬間に、その問題の正答がわかります。さらに、20問受けるところを16問目で正解した時点で7割の得点率(14問正解)ということで、試験終了しました。こういうところがアメリカは合理的というか、なんと言うか、と言う感じです。

3度目の正直でした。二度あることは三度あるにならなくて良かった。

posted by にょろまる at 06:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | Driving | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

ヤンキース戦

レッドソックスの宿敵!?ヤンキースとの対戦を月曜日21日に観戦しました。


座った席は、超超後ろの外野席。
IMG_0586_s.JPG


と、これでも少し見栄を張った写真で、実際は、↓のように電光掲示板の真後ろで、邪魔なだけじゃなく、掲示板が見えないもんだから、何が起こっているのか全くわからんってとこ。うむむ。
IMG_0589_s.JPG


結局、内野側まで行って、立ち見していました。今度チケット買うときは気をつけようーっと。

結果?結果は、1-2で負けー。(涙)

posted by にょろまる at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Northampton

19日20日と、土日にかけてNorthamptonに行きました。
ここには東天という日本風湯船屋さんがあり、それが目的です。

アメリカに来ると、湯船にゆっくりつかるということがなかなかできないので、こういうところを一つ知っておくと良いねって感じで、助教授と共に行ってきました。1時間お風呂、1時間マッサージのセットコース。

住宅街に突然あるので、最初、気づかずに通り過ぎました。
IMG_0582_s.JPG

ここは、全体の雰囲気からして、カップルで来るのが一番だろうってとこです。(苦笑)


東天のすぐ脇に Green St. があり、その通り沿いに、Green Street Cafeというお店が、評判のようです。食事しましたが、助教授は有機野菜サラダ、特にトマトにご満悦。トマト一つ別に持ち帰りで、チップも弾みました。
IMG_0585_s.JPG


ちなみに、Northamptonには、Smith Collegeというリベラルアーツな名門学校がありました。それだけに、この町も大学町という感じで、非常にきれいで、落ち着いた良い町でした。
IMG_0584_s.JPG

posted by にょろまる at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

Red Sox 観戦

15日火曜日に Red Sox vs Tigers 戦を観にいきました。(ナイトゲーム)


Fenway Park前の道に、おかしなピッチング芸をしている人がいた。いつもは普通の道でも、試合の日になると封鎖され、入場券を持っていないと入れなくなる。
IMG_0552_s.JPG


これが有名なグリーンモンスター
IMG_0556_s.JPG


試合風景を少し。
IMG_0554_s.JPG


最終的には負けてしまったのですが、これを機に、COCO Tシャツと帽子を買ってしまいました。これを着て、来るヤンキース戦を観戦したいと思っています!
IMG_0578_s.JPG

posted by にょろまる at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

野球殿堂

金曜日の昼から4、5時間ドライブをして、ボストンより遥か西、NY州にある Cooperstownに一泊二日の小旅行をしました。

Cooperstownと聞いてもピンとこない人もいるかと思いますが、この小さな町にに、なんとあの、野球の殿堂なるものがあるのでした。語学学校で、熱狂的野球ファンな人に会わなかったら、Cooperstownという町には一生訪れることはなかったでしょう。なかなか良い町でした。


これは、マサチューセッツ州を抜けて、ニューヨーク州に入って、Albanyという都市の脇を過ぎて、いよいよCooperstownまで50マイルくらいといった所。このあたりは、風景がとてもきれいでした。
IMG_0523.jpg


Doubleday Fieldという球場。野球発祥の地ということを意識して作った球場のようです。ただ現在は、Cooperstownが野球発祥の地ではないという説が、、。とはいえ、野球ファンの聖地であることには現在も変わりありません。
IMG_0528.jpg


昔の球場を再現して作ったせいか、やはり球場の中は、なんとなく小さい。
IMG_0529.jpg


野球殿堂入り口。意外と小さい。
IMG_0527.jpg


本日までの試合結果が殿堂脇のボードにも表示されてます。
IMG_0526.jpg


これがいわゆる、正真正銘殿堂入りのフレーム。殿堂内のディスプレイにいくらユニフォームやらバットやら飾られても、ここのフレームにならなければ、正規に殿堂入りとは言えない。1936年の最初のフレームは、ファーストクラス扱いで、別格になっていました。
IMG_0531.jpg


とうぜん、この中には、ベーブルースが。
IMG_0532.jpg


現在の野球の活躍ぶりとして、隅の方に、ワールドカップ優勝国である日本が展示。もし、アメリカが優勝していたら、こんな隅には置かなかっただろう。ちなみに、真ん中の広島カープのユニフォームは衣笠の鉄人っぷりを展示。
IMG_0537.jpg


マリナーズのところには、イチローのバットが。
IMG_0538.jpg


ドジャーズのところには、野茂のボールが。
IMG_0540.jpg


とうぜん、イチローのヒット記録達成のディスプレイも展示。
IMG_0545.jpg


まぁ、野球にはあまり興味はない僕でしたが、さすがにイチローとか野茂とかの物が展示されてたりすると、少し興奮しました。一緒にいた野球ファンは電池がなくなるほど、写真撮りまくっていました。その間、僕は若干退屈していたわけですけど、もし野球興味無い人が野球殿堂に行くような事態になったときには、メジャーリーグなどの偉人の歴史などをちらっとみておくと、もっと感動できると思います。


Cooperstownは、湖のほとりにあります。野球ファンな人は、ここらに別荘でも建てたいと思うことでしょう。
IMG_0550.jpg

posted by にょろまる at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

タングルウッド w/ 小沢征爾

8月5日土曜日にタングルウッドに行きました。
小沢征爾が出るという貴重なコンサートということでしたが、
教養不足の私には、やはり善し悪しがわかるわけもなく、
爆睡したわけで、、(苦)


タングルウッド入り口
IMG_0496.jpg


中に入るとこんな感じ。シェッドと呼ばれる屋根付き席を取り囲んで芝生席があり、芝生の上ではみんな思い思いのピクニックをしているようにしか見えない。
IMG_0499.jpg


シェッドの中。
IMG_0500.jpg


演奏終了時。真ん中の、白髪の指揮者が小沢征爾。
IMG_0502.jpg


とまぁ、これじゃぁ、何がなんだかわからんので、もっと接近して激写。ちなみに、左にいる黒い服着た女性は、ナタリーなんちゃらとかいうひとで、非常に有名な歌手らしい。(ああ、教養不足)
IMG_0510.jpg


posted by にょろまる at 04:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

Provincetown

先週末、プロビンスタウンに行きました。
写真載せてみます。初。

Pilgrim Monument です。↓
IMG_0487.jpg


んで、中はこんな螺旋?階段。上を見上げると、げんなり。
IMG_0486.jpg


でも、頂上では、こんな景色が。
IMG_0479.jpg

IMG_0481.jpg


posted by にょろまる at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

おろし金がない

本当は豚キムチ鍋を作ろうと思ったのです。
冷蔵庫にはいつまでもいつまでも手のついていないキムチの瓶がぽつねんと。

ただの豚キムチは5、6年前に作ったときに大失敗しているから、
ちょっと避けて、暑いけど、おじやにもできると思うと結構たべたいキムチ鍋。

ニンニクや、ショウガをおろす、おろし金を探しに出ました。
ところが、これが容易に見つからない。

88のようなスーパーだと、店員も英語が通じない。
いや、たとえ通じたとしても、おろし金、どういうんだ!?

なんとか通じて、探してもらったけど、結局そんなものは無いという結論に。
あああああ。僕のキムチ鍋。
みじん切りでもいいけど、また今度にしよう。チャイナタウンの近くのスーパーなら、きっとあるだろう。近くに寄った時に買うことにしよう。

んで、代わりに食べたのが、冷凍水餃子。
水餃子だけど、焼いちゃえー、てことで、焼き餃子にして食いました。
へんな臭いものも入って無くてラッキー。

posted by にょろまる at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

コメディアン

語学学校で、今日は、3分間スピーチみたいのをやった。
ほとんど準備もしてなかったが、いつもの調子(?)でやってみた。

なぜか、よく受けた。

最後の感想で、アクターみたいというのを取り消して、いや、コメディアンだったと言う人がでる有様。

どうやら、話した内容より、僕の挙動が面白かったのか。

コメディアンは、半分心外だが、(半分は喜んでる!?)
おかげで、準備不足をごまかせたので、まぁ良し。
ま、先生はわかってるんだろーけど。

posted by にょろまる at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学授業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

そばつゆ作成は成功

こちらでかつお節を買った。
お徳用パック100gで、5ドル以上するって、なんか高くない!?
(日本での相場は我関せずだったが)

前回、Zipcarで行った時には時間に追われていたので、探しきれなかったが、みりんもゲットできた。醤油もすでに買ってある。

これだけそろえば、そばつゆができる。
もちろん、初作成である。
でも比率は決まっているので、絶対今度は大丈夫だ。

水4、みりん1、醤油1、砂糖少々、あとかつお節。

#素直に「そばつゆ買え」というつっこみはなし。

このところボストンは超暑い。明日は今日よりも暑い予定。
こんなときのざるうどんは、ひじょーに助かる。
(結局、うどん)

あれ?もしかして、僕のブログこれから料理ブログになるのか!?
まさか。

posted by にょろまる at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理挑戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。