2008年08月25日

Amazonもいいけれど。。。

随分、更新を怠ってしまいました。

ここんとこ、娘の表情も豊かになってきたので、本当に可愛い。


さて、最近、

司馬遼太郎の「坂の上の雲」

という小説にはまっています。来年からNHKでドラマ化されるらしいけれども、読み出したキッカケは、嫁さんの「何となく文庫」。全8巻にもかかわらず、2巻までしかないというヤル気のない嫁さんの蔵書。とりあえず、通勤で読めそうなものを、ということで適当に取り出して読み始めたのだけれど、凄く面白い。あっというまに2巻とも読んでしまいました。

そうなると、3巻からを読みたくて仕方がない。いつもなら、普通にAmazonで探して、中古を安く買ったりするのだけれど、何を思ったか、ふと違う方法がないかと立ち止まりました。

図書館。

こんな便利な施設、今までどうして忘れていたのでしょう。はっきりいって、勉強する場所としか思っていなかった図書館。本を借りて読むというその図書館の本分を、その偉大さを、すっかり忘れていました。


今時、インターネットで予約できて、区内の蔵書を近くの図書館まで持って来てくれる

今時、インターネットで簡単に延長設定できる

今時、5冊までとかケチ臭いこといわず、数十冊も一度に借りることが出来る

今時、今年出版の新しい本が普通に揃っている


今までAmazonの便利さに目がくらみ、買ったはいいけど、一度しか読まず、そのまま置き場所に困る、という事態に陥っていたけれど、この図書館の凄さは何だ!?

費用はタダ、置き場所も困ることなく、新しい本が読めてしまう。

この図書館という当然といえば当然の威力。早速、読んでみたかった本をいくつか借りてしまいました。当然、「坂の上の雲」の3巻以降も。


Amazon脱却の兆しありです。


posted by にょろまる at 02:23 | 東京 ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。