2009年09月28日

フィニックスがなくなって

今日は、ふと意外な方からmixiからメッセージをもらった。
元フィニックス英語学院の外国人講師からでした。


そうだ、僕の英語力、確実に落ちてきている。。。


帰国してから1年間、英語に関してはあまりにも無頓着すぎた。先月からイギリス人がオフィスに来ていて、いくつか仕事を一緒にやっていたのだけれども、思ったよりも会話が全然口から出てこない。最悪の時は、日本語と英語が頭の中で錯乱して、単語だけがポツポツでるような状況もままあった。なんか話している英語がとても幼稚に思えて、後で気分が沈むこともあり、、。うーむ。

本当に親切なイギリス人だったので、会話も成り立って、仕事にも影響はなかったが、このままではいけんなぁ。


英語を適度にインプットして、発表するという機会がたくさんあった学校で気に入っていたのがフィニックスという学校だった。けれども、ここは去年閉校してしまった。まぁ、どちらにしても、つくばから通えないんで仕方ないのですが。

話は戻って、メッセージをくれた講師が去年から立ち上げたと思われる英語学校があるらしい。Mayflower英語学校という。といっても、僕はこの講師と面識があるわけではない。おそらく、mixiのグループから推測してお知らせにきてくれたのであろう。

この時点で、フィニックスの源流である松本流の教育方針をもった学校は、僕が把握しているだけで3つあることになった。

一つは、カプラン日本校。留学予備校として世界に名を馳せるカプランとしては、日本校はかなり特殊な存在になったと思う。なにしろ校長が、あのMr.石渡。元フィニックスの専任講師であり、路頭に迷ったフィニックスの生徒をまとめて面倒をみて(単位を振替可能にした)、フィニックスと同じシステムを開始した。僕がお世話になった先生もそこで教えているようです。が、難点は、授業料が高い。。。

2つ目は、このMayflower英語学校。ここは何人かの元フィニックス講師が立ち上げた学校のようで、少しだけフィニックスと似たようなシステムになっている。結構、安いかも。僕がフィニックスやめてから講師になった人達が中心のようだ。

3つ目として、T.I.E外語学院というのを発見した。結構歴史があるらしく、フィニックスそのものとは関係は無さそうだが、校長と松本氏とは師弟関係だったらしい。ここにも、フィニックスの時にお世話になった先生が移ってきている。ストイックな授業内容なわりに、インターネット上での評判がすこぶるいい。通信授業もあるようだ。


1番目も2番目も家からは遠いので、3番目のT.I.E外語学院の通信でもやってみようかな、と少し思い始めているところです。

posted by にょろまる at 02:31 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

勝手に旅に出た

のは、9月7日のこと。
ちょうど6日の日曜日が出勤日だったので、その代休で月曜日に休んで、勝手に一人旅をしました。車で。

別に旅自体が目的ではありません。
目的は、車のあるパーツを搭載するためでした。

そのパーツ、いや隠す必要もないから言うけれど、マフラーが、浜松の工場で作られているということ、さらに、アテンザに取り付ける場合は特殊な加工が必要との事なので、工場まで行かなければなりませんでした。ということで、急遽、浜松まで単身旅に出ることとなったわけです。


先日紹介した、ハナブサオートと同様、ここでもプロの仕事が垣間見えました。
おかげさまで、こんなお尻になりました。

muffler.jpg


アイレーシングというマフラー専門店で、スポーツマフラーであるのに純正より静かというこだわりをもった職人です。ちなみに、私の施工についても、アイレーシングさんのページに載っています。

http://www.ai-racing.jp/news00081.html

このマフラーは静かだけでなく、スポーツマフラーだけにトルクもしっかり上げてくれます。車種によってはエンジンの馬力まで上げてしまう優れものです。どうやら、メーカーの人が直々にやってきて、「なぜ馬力まで上がってしまうマフラーが作れてしまうのだ?」と聞きにくること、しょっちゅうのようです(社長談)

私のアテンザは2000ccのセダンということもあり、最初の加速時がどうもふんづまったような鈍さを感じていたのですが、それが解消されたように思います。しかも、加速時の小気味良い低音が、ノーマルにはない味わいを感じます。当然うるさく感じることはなく、嫁さんも全く気付いていません(爆)


「旅に出た」という題目で、車の話ばかりで恐縮です。(汗)


旅ということで話をしますと、この浜松に行くにあたって、高速代がネックになりました。実際にはETC割引が結構効いて、かなり安かったのですが、当初は定価で計算してしまい、片道6千円近い出費を覚悟しました。しかも、月曜日に行くとなると往復ともその値段を払わないといけません。

これは痛い。と思った私は、日曜日の夜に出発することにして、片道だけでも千円で済ませようと思いました。そして、行った先で、健康ランドに泊まるという、学生時代にお世話になった昔なつかしの技を使ったのでした。高速代浮いた分で健康ランドに泊まれば、おつりが出ると思ったのでした。(実際にはトントンでした)

ひさびさに体験する休憩室での雑魚寝。施設自体は、かなりできの悪い方で、とても残念でしたが、健康ランドに泊まったという行為自体はとても懐かしく、静かに興奮しました。

たまには、こういう一人旅をしてみるのも、いい気分転換です。

posted by にょろまる at 01:51 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

アニメの殿堂

って、みんなが言うほど、本当に悪なんだろうか。

確かに100億のお金を投じるのは馬鹿げているけど、
見直す、じゃなくて、中止と聞くと、
ああ、やっぱりこの人たちは何も考えていないな、と思ってしまう。

日本のアニメは、子ども用だけではなく、啓発的で優秀なものが多い。
アニメも野球と同じく優れたエンターテイメントである。
海外で賞を取ることが一流、という考えを一新できる。

アニメの殿堂は、日本経済の発展に寄与する可能性のある建物であると思う。思うに、使う予算の膨大さとアニメは低俗という古い固定概念ばかりが目立ってしまったため、中止となったようなものだ。

アニメは決して低俗ではない。

ということをしっかり説明できる議員がいなかった。
これが最も悲しいことである。
(別に僕はアニメおたくではありませんが。)

自民党は官僚主導だったから云々とかあるけれど、アニメの殿堂も、もしかしたら官僚の提案なのかもしれないけど、だとしても当の官僚は、宮崎駿とか、サマーウォーズの細田守とか、そういった素晴らしいアニメの世界を作る人たちのことを念頭に、提案したのだと思う。ところが、アホな政治家による行動が、国民にアニメ=萌え系とか子供向けのアニメみたいな錯覚をおこさせ、無駄な税金を使うように思わせた。

民主党は政治家主導でやるって息巻いているが、ほんとに大丈夫かね。


あとは、いい加減、海外で賞を取ってきたら一流、みたいな風習やめましょうよ、ってとても思います。

アニメは断然日本が群を抜いているのだから、日本で賞を取ったら君たち一流だよ、この殿堂に入ったら、野球で言うベーブ級だぜ、って発信しなきゃいけない。なんで、フランスとかでアニメが表彰されて浮かれなきゃいけないんでしょうか。フランスがすごいアニメでも作った本場なのでしょうか。フランスの映画祭なんてアニメ分野でとっても三流さ、くらいな気持ちで臨むべきだ。目指すべき賞ではない。日本で行う国際アニメ祭のための殿堂であれば、数億数十億の税金は無駄とは私は思わない。世界中がアニメで日本を目指せば、アメリカで言う野球と同じになってくれれば、それによる経済効果は、きっと計り知れないだろう。

補助金とか、高速代が無料とか、安易な政策より、よっぽどいい。

posted by にょろまる at 19:04 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

めざせ、Ph.D!

サブタイトル変えました。

「めざせ、Ph.D!」

内輪な人には既にお知らせしておりましたが、つくばの某研究所にてある挑戦をするというのは、ドクターを取るということでした。

始めは論文博士を考えておりましたが、昨今の事情を考え、また自分の能力のことを考え(爆)、安全に課程で博士を取ることに決めました。仕事をしている現在の研究所は総研大も兼ねており、そこでの博士後期課程に無事入らせていただくことになりました。事実上、今の仕事のボスがそのまま指導教官をして下さるということなので、とても幸運なことです。私にとっては良いこと尽くめなのですが、ボスにとっては余計な仕事がまた一つ(いや幾つも!?)増えたことになります。とても頭が下がります。なんとか博士論文書けるように頑張りたいと思います。

思えば、今回のお話も修士を持っていなければ、無かった話でした。私の場合、留学をしなければ修士は持っていませんでした。TOEFLで得点するために通った様々な学校で知り合った人達に影響されなかったら、実際に本当に留学を目指そうなんて思うことも無かったでしょう。TOEICで高得点を取っていい気ならなければ、TOEFLでも高得点を取ろうなんて思わなかったでしょう。入社したての私生活での色んな挫折を味わなかったら、TOEIC高得点を取るというエネルギーを得ることは出来なかったでしょう。

今までの経緯が無駄な寄り道に思えても、実は微妙に関係しあって、現在の道に繋がってきている。そう思うと、少し恐ろしい。わずかな一本の細い糸を切らないように絶やさないように進んできたようにも思える。そんな道、やはり一人で渡りきれているとはいえない。運のよさとか、努力の甲斐とか、そう思うことはおこがましい。僕は、色んな人に助けられて現在を生きている。

みなさま、本当にありがとう。
これからもご迷惑をおかけします(核爆)


posted by にょろまる at 01:33 | ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | はじめに/誓い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

川崎ロッカー

川崎ロッカーの地図も、
もうすでに持っていた。
世間でいうほど、そんなお宝があったっけなぁ。
もう一回宝箱開けてみたけど、
大量のゴールドと小さなメダルしか出てこない。

ちぇ。


そうこうしているうちに、賢者がレベル98に。
もういい加減やめよう。。。


posted by にょろまる at 00:35 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

まさゆき地図

どーでもいい
ドラクエな話

クリア後もダラダラとやっております、ドラクエ9。
今は、どんな子守唄よりも効く寝床のゲームになっています。

あーあ、こんなレベル上げてしまって一体どうしようというのか。
クエストじゃなくて新しいストーリー配信で
第二のクリアとか無いかしら。

時々上京(!?)したときに、
かすめ釣っていた、すれちがい通信だけど、
片道せいぜい多くて3人くらいしか釣れない。
往復で5,6人程度。車だから仕方ない。


世間では、まさゆき地図という、
メタルキングがたくさん出る
珍しい地図がもてはやされているらしい。

そうかそうか、じゃぁ、それを探して秋葉でも散策しようかな、
と思い、自分のもって行く地図を選んでいたら、


まさゆき地図、既に持っていた。。。


さらに拍子が抜けてしまうドラクエ。
仕方ないので、またはぐれメタルキングを狩に出る。

ああ、こんなにレベルを上げて一体どーしようというのか。

廃人。


posted by にょろまる at 22:06 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。