2011年04月07日

新年度の抱負

さて気が付いてみれば、新年度になってから既に1週間が経とうとしている。

「新年の抱負」を、「新年度の抱負」に切り替えようと思ってからなかなか書き出さないでいるうちに、脱獄なんていう忌々しい単語をを新年度一発目の記事に載せてしまったのは、不覚であった。(だって、必要にせまられたから。。。言い訳)

抱負を3つに絞るというのも、実は難儀である。
でも仕方ない、忘れてしまう抱負なんて無いのと同じだ。

・ジャーナルに論文を出す
・生活基盤に個人の場所を確保する
・投資活動は豪ドルのみ

と、仕事、家庭、投資の3つにした。

・ジャーナルに論文を出す
昨年は、国際会議に論文がよく通り、順調であった。今年は、ジャーナルへの投稿を積極的に行いたい。というのも、博士課程でも学位審査にはジャーナルの採択実績が必要ということなので。情報工学は、流れが速いから国際会議で採択されれば実績になる傾向はあるようだが、学位審査はまだお堅いところがあるらしく、そうとはいってられないらしい。うーん、くまった。しかし、やるしかないでしょう。

・生活基盤に個人の場所を確保する
今年の夏には、男の子が生まれる予定。めでたく、4人家族となる。一人っ子の私としては、未知の世界である。今の場所は、つくばということもあり、広くていいが、この出向も今年度まで。来年度からは会社に戻ることになっている。恐らく、東京に住居を移すと思うが、さて、これを機に家を買うのか否か、難しいところ。しかも、保育園は相変わらずの待機児童で埋め尽くされている。なので、今年の10月あたりにも住民票を移して保育園の応募をしなければ入園は絶望的なのである。引っ越し、住宅購入or賃貸、保育園、嫁さんの仕事場、私の仕事場、etc, etc, これらの要素を考えて、よりベターな答えを出さないといけない。。。と、ここまでは抱負ではなくて、やんなきゃならないこと。さて、そんなごちゃごちゃな生活の中でも大事にしたいのは、嫁さんの尊厳と私の尊厳。嫁さんのスペースと、僕のスペース。子供の領域は、まだいい。作ったところで、すぐに我々に侵犯する(爆)。つまり、「とりあえず、、」的な生活はここで終止符を打つべきである。そのうえで、各個人の領域を確保しないとストレスになってしまいそうな予感がする。

・投資活動は豪ドルのみ
余計なまがい物には絶対に手を出さない。


とまぁ、まじめにやると、
だんだん現実路線になってくるわけで、つまらん。



posted by にょろまる at 12:49 | 茨城 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに/誓い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。