2007年07月03日

GRE 再び

しかし、なんだなぁ、記事書こうと思ってマイ・ブログに入ると、頼んでもいないのに自分のブログのランキングが見えちゃうのって、どうかなぁ。

ランキングなんて全く気にしていないのに、無くていいのに、でも「下降中」の矢印なんかが表示されると、微妙にへこむ。しかも、最近全く更新していないので、下降の一途を辿り、5万位から8万位にまで落ちた。もうこれ以上落ちるところは無い順位なのではないだろうか。8万位。

それでも、今書こうとすると、8万何位になったのか知らないが、「上昇中」の矢印になっていたりして、はい、そうですか、ありがとねって苦笑です。

さて、くだらない前置きはそのくらいにして。

先月、トルコに行く直前にGREを再び受けてしまいました。

V : 270
Q : 800
AWA : 5.0

という結果。Verbal は、全く上がらず。前回250点くらいだったかと思ったけど、勘違いで、結局前回同様270点。一応、2週間ほど、wlimitsで練習したけれど、見る影も無し。1年もアメリカにいながら、ボキャブラリーの増強を全く怠っていたという事実を露呈。

一方、Quantative は、満点。理系の体面を保つ。やったことは、追い込み1週間くらいで、Mathアカデミーの教材全部解いたのと、後はひたすらパワープレップ Test2 をやったこと。なぜTest2を血眼になってやったかというと、Test1ではあっさり800が出たのに、Test2では800がなかなかでなかったから。しかし、本番では、確実に2,3問適当に答えたところがあったはずなのに、どうして満点!? パワープレップより採点は甘い?まぁ、いいや、ラッキー。

おそるべしは、ライティング。すげぇ。5.0かよっ。belowは71%とある。ふむ、ネイティブなやつも含めて、ライティングで上位3割以内にいると思うと、気分は悪くない。ここでもジャック先生で訓練しました。久々にジャックの授業を受けたけども、授業料が信じられないほど跳ね上がっていた($75 -> $200 /month)。けれど、2週間 $100に短縮してもらって、それにもかかわらず驚くほど素直に結果が出た。ジャックマジックは留まるところをしりません。



posted by にょろまる at 08:22 | ボストン ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

GRE CS 記録黙殺

さて、GRE Subject の結果が返ってきちゃいました。超ひどい点数です。

半分できていたらいいなーという感想でしたが、とんでもない。正解数が不正解数の半分という粗末な結果。

でも書いちゃお、点数。
560点♪うふっ、知るかーばかやろー!かっかっか(壊)

幸か不幸か、昔の住所で申請したこのテスト。うまくいけば、このままなかったことに、、。当然ながら、出願校にも、受けた事実は伝えず、、。今回どたばたで受けたこの試験は結局、黙殺する運命になりました。

しかし、いくら仕事で、回路図ひいたり、プログラム書いたり、デザインしたり、いろいろコンピュータ的な(?)ことをやっていたと思っていても、結局学術的には能力ゼロなんですねぇ、、、。厳しい。間違ってもPh.Dに出願しなくて良かった。地道にMSから訓練しなければならないですね。あーー。

posted by にょろまる at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

GRE Subject をUSで受けてきました

これも貼り付け。

12月11日
USではまだ10日。GRE subject Computer Science を受けました。今年の12月10日は、世界中でGRE subject の日です。本当は日本で受けたかった、、。

!が!

朝寝坊して、集合時間10分前に起きてビックリ。目覚ましをセットしてなかったみたいだ。「うそだろ!」と叫んでも、状況は変わらない。とにかく急ぐしかない。遅れるのは覚悟だ。先週に会場を下見しておいて良かった。

5分で支度、10分弱で会場に車で到着。着いたはいいが、教室の場所がわからず、数分うろうろ。でも結局10分程度の遅れで済んで、試験管も特に怒った様子もなく、むしろ「大丈夫よ(「落ち着いて!」みたいな感じ)」と言ってくれて、セーフ。ハァーハァー肩で息をしておりました。

他の受験生の冷たい視線を浴びながら、着席。席は超寒かった。上着を忘れたし、ご飯も食べてないし、喉も渇くし、冷えてトイレにも行きたくなるし、散々な試験だった。全て自分がいけないんですけれど。

試験自体は難しかった。やっぱり付け焼刃な知識ではいけません。この2週間のあいだ、「計算理論の基礎」という本を読んで、勉強した気にはなっていたけれど、大学時代のいくつかの授業の思い出しと、当時わからなかったことが「なーんだ」とわかった程度にとどまっていた。半分でも出来てたらいいなーって感じ。これって、何点取ればよいのやら。

posted by にょろまる at 22:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

GRE Math 780 でもVerbalが、、

今日は、GREを受けてきました。

V : 270
Q : 780

なんとか、Math で780を取れました。数学専攻なくせに、大学のゼミは確率論だったくせに、確率が苦手。今回も、文章問題で確率の話で何を言っているのかよくわからず、結局早々とそれを捨てました。恐らく、その潔さが、全体のテンポを落とさず、無事最後の問題を解いても時間が少し余るくらいになったのだと思います。800は取れなかったけど、まぁよしとしておきましょう。

しかしなぁ、Verbal、前回の290より落ちようがないと思っていたけど、落ちたよーさらに20点も(汗)。こんなんで大丈夫なのかねー。留学生のVerbalは意味ないっていう話は良く聞くけど、こんなに悪くても平気なのかなぁ。

でも、Verbal あげることより、TOEFLを250以上にあげることに専念した方が良いような気がするのは間違いない。Mathはとりあえず十分な点数なんだし、ここはGREのことはすっかり忘れて、TOEFLに専念するべきかな。

#実は明日TOEFL受験だったりする。ひー。

posted by にょろまる at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

早々と予約

さて、10月になってしまいました。

9月にGREを受けようと思って受けられなかった教訓をいかして(!?)、早々と11月分のTOEFL, GREを予約してしまいました。

11月中に日本に帰れるのかどうかもわからないのに、、。

もし、11月最後の日曜日に帰ってこれないようだったら、GREの試験受験地をUSに変更するつもりです。ためしに、変更の画面を確認してみたら、どうやらUSも指定できそうだったから。

TOEFLは、、USだと、あの恐ろしいスピーキング付きの次期バージョンに切り替わっちゃっているから、帰れなかったらキャンセルかなー。駄目もとで受けてみてもいいかもしれないけども。意外とこっちの方が良かったりして、、(ないない)、最近文法奮ってないし。(やめとけっ。)

posted by にょろまる at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。