2007年10月09日

西へ

突然ですが、来年1月からロサンゼルスに行きます。

このまま順当にいけば、そうとうヘマをしない限り、来年の1月には卒業できそうだということを、6月あたりでも、このブログでも言っておりました。それで、USでちょっと仕事をするか、ボストン大学(BU)に残るか、他の大学に行くか、いずれもかなわない場合は帰国するか、色んな道を考えました。

仕事の件はキャリアフォーラムとかで探せばいいので、まだ先だと思っていたので、とにかく早々に準備しなければならないのは、他の学校への出願でした。今度は、何を思ったのか、Engineering Managementを専攻希望で出しました。これには、例のcounter proposal producer こと助教授の「MBAは?」助言と、嫁さんの「簿記できるエンジニアってとっても助かる〜」(一部脚色)の発言による影響は少なからずありました。まぁ、後は会社にいる頃から Management of Technology (MOT)に関する興味は多少あったし、実際それに興味あるとハッキリ言っていた同僚もいたので、ものは試しということで、専攻をMOT系に変えたわけです。

MBAと違って、"MOT"という学科は一般的にないです。でも、MBAと工学部がジョイントプログラムをしてみたり、工学部が経営のクラスを持ってみたり、またその逆があったりと、いろんな学校が様々なプログラムを用意しています。なので、それらをまとめて、MOTと言ってみたりするそうです。だから、僕も、「MOT系」という、ちょっとぼんやりした言い方す。

それにしても、Engineering Managementでどういうエッセイ書けばいいんだろう?と、専ら生粋のエンジニア志望で留学を決めた僕としては、あまり納得のいくエッセイがなかなか書けず、やっぱりやめようかなぁとも思ったわけです。ひどい話、まぁ、適当に出願して、落ちてしまえば諦めがつく、という気持ちにもなったくらいです。

あまりよろしくない気分で始まった出願準備ですが、最終的には、以下のような結論に達したので(漠然ですけど)、今一度頑張ろうと思いました。いや、こういう「漠然」とした思いというのが、ここぞというときに一番効いてくるものです。

自分の進路を決める際には、「やりたいこと」というのと「やるべきこと」という二つのサイドで決められると思う(当然、どちらも、かなり恵まれた環境で、贅沢であるには違いない)。30才をとっくに過ぎて、これから僕はどうやって生きていこうかと考えたとき、「やりたいこと」ばかりやっていては、どうにもならないんではないか、という不安がある。そして「やるべきこと」としては、これからはManagementというものに、もう少し真剣に取り組むべき年代に入ってきていると感じている。やはり、MOTは知っておくべきだ。

と、気持ちを確認しました。

そして、とてもラッキーなことに、University of Southern California (USC)から合格をもらったので、喜んで行かせてもらうことになりました。嫁さんからも応援してもらったし、西海岸、カリフォルニアも楽しみです。まぁ、USC付近の治安は悪そうですが、USCキャンパス内は綺麗な建物があるらしいので、キャンパスの無いBUとはまた違った生活が送れそうだなと思い、多少ウキウキしています。

西海岸の大学を探した時に、春学期で受け付けているMOTのある学校は、USCしかなかったという理由だけで出願していたわけですが、合格してから、嫁さんにUSnewsの記事を見せてもらって、唖然でした。あのカルテックと同率7位って一体。。。一気に心拍数が上がりました。並み居る工科大学の中で、ここまで頑張っている総合大学であったとは。うむぅ、授業に埋もれてしまわないように頑張らなければいけないです。。。


というわけで、東から西へ大移動となりました。
そうですね、ゆくゆくサブタイトルも、「いざ、カリフォルニア!」とでもなりますかね。
12月の授業が終わったら、また忙しくなりそうです。



posted by にょろまる at 10:37 | ボストン ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

なぜ?CMU再び

今日は不思議なメールが届きました。

出していないはずの、カーネギーさんの違う学部から不合格通知が届きました。なんだぁー?わけわからん。

と思ったが、、そういえば、なんか、他の学部への出願に興味あればチェックしてくれボックスがあったような。チェックしたような。しかし、それは改めて紙ベースの推薦状など別に用意しないといけないとあったので、結局何もしないで無視してたから、出願していないことになっていると思っていたが。

しかし、この不合格の通知の内容をみると、なんともげんなり。いままで不合格をくらった学校のメールと、そうかわり映えしない。こっちが真剣に作った願書であっても、ろくに用意しなかった(てか提出さえしてない)願書であっても、結果同じ不合格であれば扱いも同じ。当たり前のことでしょうが、そうとはいってもね、、。

posted by にょろまる at 01:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

CMU 結果

最新アップデート情報として、

・TOEFLが3点だけ上がった
・パテント一つファイルした

があったので、今一度、カーネギさんに連絡を取りました。

しかし、残念ながら、不合格だということが判明いたしました。
いやーーーー、長かったーーーー。

しかししかし、どういうわけか、微笑みながら、ボストン大学のresponse form の acceptのところに大きく○をし、早速今日の朝投函して、なんだかやっと肩の荷が下りたような気がしております。

予防接種も無駄にはならず、このまま続行です。(あと6本も控えてる)
もう、すでに腹はボストンだったわけです。当然。

posted by にょろまる at 23:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

CMU まだ待ちですなぁ

今日少し、カーネギーさんとコンタクト取ってみました。

お決まりの文言が返ってきました。

「まだ決定してないから待ってね」
「でも我々の結果を待っていて、他の学校の合格に危険が及ぶなら、その大学に行くのをお勧めしますよ」
「確かに4/15までに、ほとんどの合格者を決めてしまったんだけど、お金が付き次第で、も少し増やすかも」

云々。
期待していいんだか、悪いんだか。

#期待してないけど!(きっぱり)

ただ、これを機に、会社の補助金のことや、まぁ他の大学も受かってるよー、みたいな情報を伝えられたので、ま、やるだけやった、といったところか。

posted by にょろまる at 23:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

カーネギ いまだ

5月になりました。

未だ鉄鋼王からの連絡はありません。このまま連絡なしを決め込むのですかねぇ、、。

まぁ、いいや。心はすっかりボストンだし(本音)。

ボストン大学からは、また「残高証明書を送ってくれ」と言われたので、「出願時に送ったでしょ!」って言おうかと思ったけど、こんなことで突っかかっていても仕方がございません。それに、出願していた時よりも、また少し残高が増えているので、改めて取り直して、今日送りました。

これで文句言われなければ、晴れてI-20ってやつが届くのでしょうか、、?

posted by にょろまる at 01:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 出願状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。